投資は損をする危険があるからやらない。
そう決めている人も居ると思います。


そう言う人は無理にやる必要はないと思います。


無理してやっても損失が出た時に
後悔するでしょうから。


でも、お金持ちは必ず投資をしています。


会社を辞められるだけの収入を得るためには
投資は避けて通れないと思っています。

不労所得の基本でしょうから。

実際にやってみれば分かりますが
長期投資をすれば損をする可能性も低いです。

損をするのは投機です。


投資は投機のなれの果て。


そんな格言がありますが
それで良いと割り切っています。


株は若い頃からやっていて
最初はやらかしました(^^;

と言うか、今でも投機を狙ったらやられるでしょう。

でも、なれの果てになると
損もしなくなってきます。


恥をさらします。




牛丼の吉野屋です。

手数料を無視して言うと
22万2千4百円で買った株が
14万4千2百円になってます。

7万8千2百円の損失発生中です。


これでもだいぶマシになりました。
安い時は10万円以下まで下がっていましたから(^^;


調べてみて貰えば分かりますが
ほぼ最高値で買ってます。

狂牛病で牛丼が発売中止。
無くなると食べたがる人も多かったです。

牛肉輸入が再開されて
待望の牛丼復活。

今後は業績伸びるかな?
と思って買いました。

懐かしいです。
10年近く前です。


その後リーマンショックだのアベノミクスだの。

未だに株価は戻っていません。


一般的な株の指南書などなら
とっとと損切りを勧めます。

損失を限定して、資金を回転させるために。


本当に正しいのですかね?


乗り換えた株が絶対値上がりするなら
正しいでしょう。

でも、乗り換えた先も下がるかもしれません。



株には配当や優待があります。

会社によって違いますが
吉野屋は半年ごとに3千円分の優待が貰えます。




配当も千円が続いています。


吉野屋でしか使えない優待券ですから
現金とは違います。

配当も税金を引かれます。


それを無視して
半年で4千円、年間で8千円とします。


10年持っていれば8万円分です。
今の株価で手放せば、損失とほぼ同額です。

この先どうなるかは分かりませんが
吉野家が倒産しない限り
持ち続けるつもりです。


持ち続けていれば
こんな事が起きたりもしますよ。




売りたい衝動に駆られますが
最高値は8千円超えたんですよね・・・。

その時売っていれば
200万以上の利益だったんですけど・・・。


株は売り時が難しいです。

損失も利益も
確定して始めて発生します。

この株も10年からの付き合いです。


投資は投機のなれの果て。

塩をたっぷり用意して
塩漬けいっぱい作りましょう(笑)