サラリーマンの副業としておすすめなのは
ネットを使った在宅ワークです。

やはり自宅でできるというのは
副業として最大の利点です。

単純に移動時間の節約にもなりますが
別の利点もあります。


例えばコンビニでアルバイトをする場合。
友人、知人に遭遇する可能性があります。

純粋な友人たちなら問題ありませんが
会社の関係者に会ってしまえば
そこから副業がバレてしまいます。

例としてコンビニを出しましたが
接客業はすべてこの危険がありますよね。

女性なら水商売は副業として高給を稼げますが
知人に出会う確率も高くなります。

接客でなくても宅急便やメール便など
各種配送業務も人に見られる可能性があります。

会社の就業規則で副業が認められているのなら
何の問題ありませんが。

残念ながら日本の会社はほとんどが副業禁止。

副業しなくても良いだけの給料を
しっかりくれれば良いのですけどね(笑)



もうひとつアルバイト系の副業の欠点があります。

給与所得という事です。

今まではアルバイトを副業にしていて
その分は納税していなかった人もいると思います。

今年からマイナンバーが導入されましたから
今後はそれができなくなります。

本業はもちろん、アルバイト先にも
マイナンバーを提出しませんでしたか?

今後は税務署にマイナンバーで収入を把握されます。


確定申告の知識がある人なら
普通徴収にをすれば大丈夫と思うかもしれません。

が、給与所得に関しては普通徴収をしない地域が
少しずつですが増えてきています。

こればかりは住んでいる地域によって
どうしようもありません。

今現在アルバイトをしている人は
居住地の現状を調べた方が良いですよ。


どんな副業でも100%安心という事はないでしょう。

でも、会社にばれるリスクを少しでも減らしたいなら
給与所得より、事業所得や雑所得として確定申告をしましょう。

その為にもネットを使った副業はお勧めですよ。